七五三ロケーション撮影

 

こんにちは!あっという間に6月ですね。
夏が終わるとすぐに七五三シーズンがやってきます!
一般に七五三参りの日は11月15日ですが、なかなか当日に行くのって難しいですよね。日にちをずらしたとしても11月は神社、写真館、衣装共に大混雑が予想されます。最近では大きく時期をずらして8月〜12月の広い範囲で受け付けているところもあるそうです。そして私も時期をずらしてのお参りには大賛成です!本記事にて七五三でロケーション撮影をお考えのお客様に、撮影の流れや撮影時期のご提案が出来ればと思います。

ご依頼・ご相談はコチラ

Life is wonderでのロケーション撮影の流れ

  1. ご予約

    必ずご予約をお願いいたします。10、11月の土日大安はご予約が集中します。少し先にはなりますが、ご相談だけでもお早めにご連絡頂ければ幸いです。

  2. 場所の決定

    撮影は基本現地集合となっておりますので日にち、時間、場所をお客様よりご指定いただきます(衣装、ヘアメイク等には対応しておりませんのでご自身でご準備をお願いいたします)。もちろん、ご自宅での着付けやお化粧などの準備風景から撮ってほしいといったご要望には喜んで対応させていただきます!スタジオや神社とはまた違った表情を楽しんで頂けるかと思います。
    また、遠方(金沢市外、県外)の寺社への出張撮影も可能です。その際、距離に応じた出張費を頂戴しておりますのでご了承ください。場所や状況によって変動することがありますので詳しくはお問い合わせください。(参考:白山市/約1,500円、羽咋市・七尾市/約2,000円、小松市・加賀市/3,000円)

  3. 料金について

    Life is wonderでは時間毎の料金設定となっております。時間中は何枚撮影頂いても料金は変わらないのでとってもお得なプランです!
    1時間の撮影料金/19,000円(写真データ約40カット、DVD郵送費込み)
    もちろんフォトアルバムやフォトフレームなどの商品もご用意しております。予約時、または当日のご依頼も承っております。

    撮影プランに関してはコチラをご覧ください。

  4. お支払いに関して

    お支払い方法は当日の現金又はクレジットカードからお選びいただけます。また、当日現金やカードを持ち歩くのが煩わしいという方は事前にお支払い頂くことも可能です。お支払い方法のご希望はご予約時にお伺いいたします。

  5. お参り当日

    当日はお子さんの着付けとお化粧が完了した状態で集合場所へいらしてください。慣れない着付けに機嫌が悪かったり体調を崩されることもあると思います。そういったご都合にはなるべく寄り添った対応をしたいと思っておりますので、遅れる際も事前にご連絡を頂ければ幸いです。双方気持ちよく撮影に臨みましょう!

  6. 撮影開始

    お祓いの前後にスナップ撮影をさせていいただきます。ご家族皆様での集合写真はもちろんのこと、きちっとしたお写真からお子さんが遊んでいる自然体のお姿も写真に納めていきますので、様々な表情をお楽しみいただけます。お子さんのお身体への負担を考え、お参りの時間も含め約1時間の撮影を予定しております。その間は何枚撮っても料金は変わりませんのでどんな写真を撮ってほしいかなど当日までにイメージを膨らませてくてくださいね♫

    Arrow
    Arrow
    Slider
  7. 写真納品

    約2週間を目処に写真が完成いたします(混雑時は納品時期が多少前後しますがご了承ください)。完成したお写真はDVDにてご自宅へ郵送いたします。家にパソコンやDVD再生設備が無いという方がいらっしゃいましたら、お客様に合わせた対応をさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

  8. 『LINEアルバム作成』納品

    ご希望のお客様には「※LINEアルバム作成」サービスも承っております。完成したお写真をすぐにご確認いただけます。SNSなどへの投稿も楽チンですのでぜひご利用ください!
    ※LINEアルバム作成サービスをご利用頂くためにはLife is wonderのLINE@アカウントへお友だち登録をお願いいたします。(LINE@ID:@mwo5411t)下記QRコードからのご登録頂けます。

  9. その他商品について

    データ以外にちゃんとカタチに残したい!というお客様のためにも様々な種類や価格帯の写真商品をご用意いたしております。フォトアルバムやフォトフレームの作成はご自身でされると案外手間のかかる作業です。撮影と一緒にご依頼頂ければ、複数冊作成しおじいちゃんおばあちゃん宅への直送も承りますのでぜひご活用ください!各種商品は当日のご依頼も可能です。

お参りの時期をずらすメリット

  1. 人が少なくお参りしやすい

    やはり1番のメリットは人の少なさです。9、12月などに大きく時期をずらせば人が全くいないというのは無理でも確実に密度は減りますし、人混みが苦手なお子さんのストレスや負担も軽減できます。また、お祓いも混雑時は順番待ちが予想されますので、希望の時間通りに受けやすくなりますね。

  2. 背景に人が写りにくい

    必ずしも写ってはいけないわけではありませんが、後々アルバムやフォトフレームにする時のことを考えると背景に誰も写らない方が写真全体がスッキリして、ご家族だけのプライベート感が出ますよね。どんな写真を残したいのか、どんな状況が望ましいのかなど、当日の写真の仕上がりをイメージするためにもwebやSNSにある多くの写真を参考にしてみるといいかと思います。

  3. 写真を自由に撮りやすい

    お参り当日、人が多すぎて思ったように写真が撮れない…なんてことにもなりかねません。家族の集合写真を撮る際も、本堂の正面や「七五三」の看板の前などはどの寺社でも人気の撮影場所なので順番待ちになることも。そういったことを考慮すると、やはり空いているに越したことはありませんよね。

  4. レンタル衣装料が割安になることも

    衣装屋さんもやはり予約が11月に集中します。それを分散させるために様々な特典を設けていることがあります。5、6月中の早期に予約を完了したり、お参りを平日にしたり、時期を8、9、12月などにずらすことで繁忙期よりもコストを抑えることが出来るかもしれません。今のうちに予約を完了してあとで慌てなくてもいいように早めにチェックしておきましょう!

  5. 撮影の予約が取りやすい

    写真館や出張撮影も同じように11月に繁忙期がくるので土日や大安などの人気な日はすぐに埋まってしまうことが予想されます。お仕事や学校行事などでご家族の予定が限られている方は、今のうちに希望日を押さえておいた方がいいでしょう。お休みが取れるようなら平日がオススメです!

  6. 前撮りでロケーション撮影をする←←オススメ♪

    お参り当日はどうしても慌ただしくなるものです。晴れ姿をおじいちゃんおばあちゃんに見せに行かなきゃなんてこともありますよね。その上写真も…となるとちょっと尻込みしてしまいます。とはいえ、あまり大きくずらしてしまうと七五三のお祓いを受け付けていない神社もあるかもしれません。そこで、お参りとは別に前撮りロケーション撮影という選択肢があります。そうすれば、当日はゆっくりと落ち着いて参拝しご家族での時間を楽しんでいただくことができますし、ロケーション撮影ならではのお好きな場所でのお写真もしっかりと残すことができます。大混雑が怖くて諦めていた大きな神社での七五三撮影もこの方法なら叶っちゃいます!今の時期ならまだまだレンタル衣装も空いていますし、お子さんが夏休みにこんがり日焼けしてしまう前に写真に納めることもできますよ♫

お参りする寺社選びのポイント

  1. お家の近くの寺社

    お家から近い、行きやすいというのはとても大きなメリットです。ご両親やお子さんの負担を考えても移動は少ないに越したことはないでしょう。また、七五三というご家族の節目を迎えた寺社がいつもお家の近くにあると有り難みもより一層強まりますし、前を通るたびに思い出せるので素敵ですよね。また、人も少なく比較的自由にストレス無く写真撮影ができます。のびのびとした写真を残したい方にもオススメです。ただし、小さな寺社だとそもそも七五三の祈祷の受付をしていなかったり、近くに駐車場が無い場合もあります。両家の祖父母も一緒に、となると数台がとめられる駐車場の確保は必須ですね。事前に予約は必要か、周辺状況などを確認しておくと良いでしょう。

  2. 有名な寺社

    石川県内には由緒ある寺社が各地にたくさんありますね。大きな寺社での祈祷は本格的で規模が大きかったり凝っていたり、お菓子のお土産がもらえたりなんてことも。ご家族の一大イベントなので少し遠出でも憧れの寺社へお参りに行くのも良いかと思います。どうしても人が多いので混雑時だと自由に写真を撮って回るのは少し大変かもしれません。また、大きなところは敷地も広く、必然的にたくさん歩かないといけなくなります。お子さんもお母さんも慣れない靴を履いて歩くことになるので、終始不機嫌…なんてことにならないよう、そういった点も考慮してみてくださいね。

  3. ご家族の節目に訪れている神社

    ご両親の結婚式やお子さんのお宮参りなど、人生の中でゆかりのある神社ってありますよね。ひとつの神社に決めていれば事前の状況確認の手間も省けますし、ご家族の成長とともに思い入れも強くなっていきます。ご家族の中にそんな神社があるって、とても素敵だと思いませんか?同じ場所でご家族が成長していく姿を写真に残るせるのも魅力のひとつです。七五三は1度ではないので、これからの先のことも考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • お子さんの体力や体調を考えて場所や時期を選ぶ
  • ご家族の都合を照らし合わせて早めに候補日を挙げてみる
  • webやSNSなどで情報収集する
  • 前撮りという選択肢も視野に入れてみる

七五三のロケーション撮影についてお話ししていきましたが、少しでもイメージは膨らんだでしょうか?まだ先…と思っていてもあっという間に秋になります。今迷われている方はぜひすぐに行動してみてくださいね!

ご予約はコチラ

迷ってる方や、日時や場所が確定していない方でもまずは一度ご連絡ください。「連絡したら必ず依頼しないといけない」なんてことは決してありませんので安心してお気軽にお声掛けくださいね!ご家族様の素晴らしい節目に立ち会えることを楽しみにしております♫

Life is wonderへの撮影依頼・ご相談はコチラ

 

3月31日 スポーツ栄養講座&カメラ講座

忙しいママさんたちのためになにか出来ることはないかと考えていた時に縁あってスポーツ栄養学の講師の方と出会いました。1度に2つのことが学べるイベントを開催することになりました。栄養講座の方では、スポーツをされているお子さんはもちろん、育ち盛りのお子さんの食事にもすぐに取り入れられるポイントなどもご紹介いたします。カメラ講座はミラーレスやコンデジはもちろんスマホでも参加OKです!これからカメラを買ってみたいなという方もアドバイスさせていただきます^ ^


どちらの講座も生活にすぐに取り入れられるものとなっております!
成長期のお子さんがいる方、息抜きにカメラを楽しみたい方、同じ子育て環境のママさんたちとも出会えるかも。お待ちしております!

【日時】
2018年3月31日土曜日
13:30~16:30
(受付は13:15~)

【場所】金沢ものづくり会館
金沢市粟崎町4丁目80番地1

【会費】¥3,000
(キャンセルは3日前、3月29日まで)

【申し込み】
参加希望者は前もってご予約をお願いいたします。
問い合わせフォーム、メールまたはInstagramのDMまでお願いします。@kanazawalife_is_wonder

【スポーツ栄養の講師によるジュニアアスリートのためのスポーツ栄養セミナー】
~活性酸素からアスリートを守ろう ver1~
アスリートは大量の活性酸素を発生させます。この活性酸素を放置しておくことは、疲労の蓄積、ケガの原因を招き、パフォーマンス低下につながります。活性酸素からアスリートを守る”抗酸化”をわかりやすく学び、発酵食を取り入れたアスリートフードの試食をしながら、ジュニアアスリートのサポートに取り入れませんか?

【少しの意識で写真力が上がるカメラ講座】
なにも考えずに写真を撮ってしまっていませんか?写真を撮ってもなんだかパッとしない、思ったように撮れないなどなど。そんな時は撮影テクニックや良いカメラを買うよりも前に、少しのコツを意識するだけで写真力がグッと上がります!

写真を好きになるキッカケになってもらえたら嬉しいです^ ^

医療事務だった私が未経験からフリーランスフォトグラファーになるまで

2017年から石川県金沢市でフリーランスフォトグラファーとして活動しているつるみえりさです。新卒から6年半医療事務として働いてきた私が未経験からフリーランスフォトグラファーになろうと決めた理由と、お仕事の現状をまとめておこうと思います。

プロフィール

年齢:27才、水瓶座、O型
性別:女性、既婚
出身:石川県金沢市(現在も在住)
出身校:石川工業高等専門学校 建築学科
趣味:本屋さんパトロール、漫画、読書、占い、美術館鑑賞、音楽、旅行

石川県金沢市で生まれました。今となっては人気の観光地ですが、当時は都会的なものはなにもない田舎だったんですよね。唯一の誇りは109があることくらいで(笑)両親は金沢で小さな喫茶店を経営しています。サラリーマン家庭ではあまりないことかもしれませんが、幼い頃から両親の職場が私の遊び場だったこともあり漠然とした自営業への憧れを抱いていたのかもしれません。

自分でレッテルを貼っていた子ども時代

特別優秀な訳でもスポーツができる訳でもなく『自分なんて』と思っていました。自分の意見を主張することが苦手で、他人にどう思われているのかを気にしていました。その頃から好んで読んでいた漫画も、ほんとは少女漫画も読んでみたかったのに自分が少女漫画なんて読んでたら変に思われるかも…と少年漫画ばかり読んでいました。誰に何を言われたわけでもないのにと今では思うのですが(笑)こんなふうに、なにをするにも自分で勝手に貼ったレッテルに縛られていました。

自分らしさと自由を求め石川高専へ

中学生の時、1番嫌いだったのは校則でした。「校則だから」「ずっとそうだから」とか明確な理由のないルールが本当に嫌いでした。散々モヤモヤした結果、志望校を石川高専の建築学科に決めた1番の理由が『自由だから』でした。他にも、飽き性だから普通科じゃ物足りないんじゃないかとか、ものづくりが好きで興味があったからとか、大学受験しなくていい(高専は5年制)とかいろんな条件が合致して、自由を掴むために自分の学力より上の学校を受験し奇跡的に入学できました。

石川高専は高校というより大学のシステムに近く、校則もほとんどなく単位制で当たり前のように留年もありました。外見的、行動的な自由を手にした部分はヒャッホー!だったんですが、元々自分より学力の高い学校を選んだ結果当たり前のように授業はどんどん難しくなり、テストがあるごとにヒーヒー言ってました。好きなことしか頑張れない私は、特定の教科だけやたら得意だったり偏った成績でしたが、頭の良いクラスメイトの力を借りて留年することなくなんとか卒業までこぎつけました。高専自体かなり特殊な環境だったので、未だに高専出身の人に出会うとやたらと親近感を抱いてしまいます(笑)

社会人に絶望した就職活動

4年生の終わり頃になると一気に就活ムードになりました。私は全くと言って良いほど就活に無関心で、まわりがどんどん内定していく中、他の人に心配されるほどマイペースに過ごしていました。そんなとき、親にお尻を叩かれ合同説明会に行ったことがありました。何百人もの学生がみんな同じ格好をして、同じ方向を向いて、誘導されるがまま動いて、そのときに漠然と「あ、社会人に自由はないんだ」みたいな絶望感を感じたのを覚えています。ただ、世間を知らない、知ろうともしなかった学生の私には、会社に就職するという一択しか選択肢がありませんでした。結局建築関係の会社とは縁がなく、偶然見つけた医療事務の求人に応募し就職することになったのでした。

接客は楽しいと気づかせてくれた医療事務

医療事務ときくと機械的な事務作業を想像されるかと思いますが、私が就職した会社では接遇に力を入れていて、マニュアルではなくひとりひとりのことを考えて対応をすることで他企業との差別化を図っていました。実際その接遇に感動し、その場で褒めてくれたり、遠くから来てくれる方もいるほどでした。長く働くほどに顔を覚えてもらえて話すことを楽しみに来てもらえるようになり、何より自分の仕事が「ありがとう」となって返ってくる、人と関わる仕事に魅力を感じるようになりました。

自由とワクワクを仕事にしたい

人との関わりが楽しかった反面、企業という集団の中での生活は自分を抑えているような窮屈さがありました。また、仕事に慣れたことで毎日同じことの繰り返しのように感じてしまい成長している実感が湧かなくなっていました。自分らしくないし、ワクワクドキドキしてない。自分の意思とは関係なく様々なことが決められていき、組織が決めたどうにもならない事柄に対し反感を持ったり文句を言ったりする自分がなにより嫌でした。私は私らしく自分を表現していたいし、自分のことは自分で決められる環境に身を置きたいと思うようになりました。思ったのはいいものの実行に移すのは難しく、『自分なんて』がまた邪魔をするのでした。

カメラとの出会い

昔から上手に絵が描ける人を羨ましく思っていました。名前に「絵」と入っているくせに絵が下手でした(笑)5年ほど前に、カメラなら絵心がなくても素敵な作品が作れるんじゃないかと思いつきました。でも、飽き性の私が高いカメラを買ってもすぐに飽きてしまってもったいないんじゃないか…と迷っていた時、仲の良い友人がミラーレス機を買ったと見せてくれました。話を聞いて触らせてもらって撮っているところを見ていたらどうにも羨ましくて翌日には購入していました(笑)そして、思った通り写真を撮るのが楽しくて飽きることなく趣味としてずっと続けてきたのでした。現在の夫と出会ってからは私よりもずっと前から写真を撮っていたこともあり、カメラの先生として技術面でたくさんのことを教えてもらい、上手く撮れると成長を感じて嬉しくなってもっと撮りたくなるという繰り返しでした。

好きなことで誰かの役に立ちたい

きっかけは結婚でした。自分の将来についてたくさん考えさせられたし、早く行動を起こさないとこれから起こるたくさんのライフイベントに飲み込まれてしまうという焦りがでてきました。そして、仕事をしている中で気づいた「もっとたくさんの人と関わりたい、誰かの役に立って喜んでもらいたい」という気持ち、「自分らしくいたい、好きなことをしてワクワクしていたい」という希望、就職活動時に社会人に対して抱いた自由のない窮屈なイメージを払拭できるかもしれないという期待、すべての感情が『写真を仕事にする』というひとつの答えにたどり着きました。そして、幼い頃からの「自分なんて」という気持ちを「今やらなければ!!」という使命感が上回りました。幸い夫の理解を得られたこともあり、フリーランスとして活動するため退職するに至りました。

フォトグラファーとしての現状

夫の協力もあり家族写真や店舗写真などを撮影する機会をもらえて、毎回初めての仕事に吐き気がするほどの緊張感と、新しく人と出会える喜びと、こんな自分でも頑張れば人の役に立てるかもしれないという希望、以前にはない様々な感情の起伏を楽しみながら過ごせています。まだまだ駆け出しで経験値が圧倒的に足りていないと自負しています。だからこそ、好きな事を楽しめているという有難い環境に感謝しながらひとつひとつ大切にステップアップしていきたいと思っています。なににも縛られず、ワクワク、楽しい方へ自分の気持ちに素直に実行に移せるように変わっていきたいと思います。まだまだ発展途中の私ですが、目の前の人に喜んでもらうことから始めていきます。

もうひとつの目標は大好きな金沢に貢献すること。どんなカタチかはまだ明確にはなっていないですが、自分らしい表現で魅力を発信できたらと思っています。旅行スナッププランを作ったのも、旅行客の方々と出会ってたくさんお話ししてもっともっと金沢を好きになってもらえたらなと思ったからです。これからも自分にできることを模索していきたいと思います。

こんな長い文をここまで読んでいただいた方にこれから出会えるのを心から楽しみにしています!ありがとうございました^ ^