赤ちゃんのお宮参りいつ行くのがいいか

石川県金沢市の写真館が撮るお宮参り H様3

「お宮参り」とは、その土地の神様にあたる氏神様に、赤ちゃんの誕生に対する感謝を伝え、これからの成長を見守っていただくために行う神事です。

日本に古くから伝わる伝統的な儀式の一つとなっています。

お宮参りの時期としては、生後1ヶ月程度。

男の子は生後31日、女の子は生後32日という仕来りがあります。

しかし、近年は家族の都合や母子の体調に合わせて、生後1ヶ月前後の都合のいい日に行うのが一般的です。

石川県金沢市の写真館が撮るお宮参り H様2

ご祈祷を受ける場所は、赤ちゃんが生まれた土地の氏神様が祀られている神社が一般的。

どこの神社かわからない方は、神社庁のサイトで確認できます。

石川県神社庁で神社検索

富山県神社庁で神社検索

最近は自分たちの好きな神社、安産祈願をした神社などに参拝へ行くご家族も増えています。

石川県金沢市の写真館が撮るお宮参り O様1

参拝先の神社が決まったら、まずは神社に問い合わせをしましょう。

当日、出張撮影でカメラマンを入れたい場合は、そこで確認をお願いします。

神社によっては、撮影NGの場合もあるので要注意。

撮影NGの場合は、赤ちゃんの体調などを考慮し別日にフォトスタジオで撮影するのがオススメです。

神社の参拝当日の服装は、和装であれば着物、洋装であればスーツといった正装が望ましいでしょう。

お宮参りのご祈祷料として、白い封筒または祝儀袋に5,000円〜10,000円程度入れて持っていきます。

表書きは、上段に「御初穂料」もしくは「御玉串料」、下段に赤ちゃんの姓名を記入しましょう。

もしご祈祷料が不安な場合、お問い合わせ時に目安金額を聞いてもいいかもしれません。

石川県金沢市の写真館が撮るお宮参り O様3

赤ちゃんの服装については、白羽二重の内着に祝い着を掛けた和装が正式です。

しかし、あまり慣れないことをしては赤ちゃんに良くないので、ベビードレスやカバーオールの上に祝い着を掛けるスタイルが主流となっています。

スタジオ撮影でも、赤ちゃんを横にしてそっと掛けて撮ることが多いです。

当写真館では、出張撮影でご希望の神社へ行ったり、フォトスタジオで撮影したりと、お客様のご希望に合わせて柔軟に対応しています。

どんなお宮参りの写真を撮っているかは、Worksをご確認ください。